結婚式の二次会での着こなし編

ドレッシーに夜を楽しむ ~結婚式の二次会出席スタイル~

ドレッシーに夜を楽しむ ~結婚式の二次会出席スタイル~

結婚式の二次会は、昼の厳かな式とは打って変わってカジュアル&ドレッシー。基本的には略礼装で問題ないので、夜の雰囲気を服装でも思いきり楽しみましょう。特に若い世代では「二次会だけ出席する」というケースが多いので、フォーマルさも残したおしゃれを満喫してください。

 

ただし、あまりにカジュアルすぎるのは考えものです。同じ二次会でも、ホテルと居酒屋では格式が違います。会場の雰囲気から浮いてしまわないよう、事前に会場をチェックしておきましょう。

着こなしのポイント ~ディレクターズスーツ・タキシードの場合~

二次会では、略礼装の中でもよりカジュアルなジャケットスタイルがおすすめ。レストランなど、ある程度のフォーマルさが求められる場合は、光沢のあるシルクのアスコットタイやラペルピンで華やかさをアップさせるとおしゃれです。反対に、クラブや居酒屋などではジャケットにノータイというラフなスタイルでもいいでしょう。

 

※画像をクリックすると、詳しい紹介が表示されます

アイテム 昼の装い(ディレク―ズスーツ) 夜の装い(タキシード)
ジャケット

ジャケット

 

かつては重役クラスのビジネスウェアとして流行したフォーマルファッション。
現在では昼間の準礼装として活躍しています。

 

詳細はこちら

 

ジャケット

 

タキシードは、夕方からの結婚式・披露宴、 記念行事や晩餐会などで招待状に
「ブラックタイ」と指定がある場合に着用します。

 

詳細はこちら

シャツ

シャツ

 

シャツはフォーマル感がありスタンダードなスタイルのものを。
襟のラインが綺麗なものを選ぶとよいでしょう。

 

詳細はこちら

 

シャツ

 

襟のラインが綺麗なもので、清潔感あるものを。
主賓格でない場合、少しオシャレをして、
カラーラインの入ったものでもよいでしょう。

 

詳細はこちら

 

タイ

タイ

 

ディレクターズスーツには渋みを感じさせるシルバーネクタイが好まれます。
ストライプ柄のものも人気があります。

 

詳細はこちら

 

タイ

 

友人・知人の方の結婚式の場合、
タキシードを少しアレンジして
アスコットタイを選ぶとぐっとおしゃれに。

 

詳細はこちら

 

他

 

白をモチーフにしたカフス。
小物に気を使ってこそ、本当のおしゃれを楽しめるのです。

 

詳細はこちら

 

他

 

胸元を華やかに演出するポケットチーフ。
礼服のおしゃれには欠かせないアイテムです。小物のアレンジで全体の雰囲気も変わります。

 

詳細はこちら

 

パンツ

パンツ

 

ディレクターズスーツには、厚地の礼服用 パンツであるコールパンツが用いられます。
ストライプ柄などがおしゃれです。

 

詳細はこちら

 

パンツ

 

タキシードパンツには正装感を高めるような 上質なものが理想です。
よりスタイルのいいものを選びましょう。

 

詳細はこちら

 

着こなし例

着こなし例

 

ディレクターズスーツは、ラペルピンやポケットチーフなどでアレンジするとおしゃれ感がとてもアップします。

 

詳細はこちら

 

着こなし例

 

主賓格でなければ、タキシードを少しアレンジして着こなすのもよいでしょう。
アスコットタイやチーフがポイントです。

 

詳細はこちら

 

このページのトップへ